O-SHI-NA-MO-NO

いただきもの、自分たちで選んだもの、そんな"お品物"たちを記録しています。

旬の青果物いろいろ/サマークリスタル、他

f:id:oshinamono:20170805000740j:image

トマト(新潟)、サマークリスタル(長野)、小玉スイカ(新潟)。越後湯沢駅は銘菓や地酒の他に野菜売り場も充実していた。

トマトが1箱780円程だったので購入すると、レジのおっちゃんの前に「サマークリスタル」なる果実が箱にごろごろ。しげしげ見ていたらおっちゃんが「これ甘くてうまいよ。収穫量が少ないから東京にはほとんど出回らない。ちょっと傷んでるけど食べてみ?」と1玉くれた。確かに甘い。桃とプラムとネクタリンを合わせた様な味。小ぶり上品なサイズで1玉100円はなかなか強気の値段設定な気もするが、美味しさを知ってしまった脳に迷いはなかった。(あとで検索したら2005年に品種登録されたばかりのネクタリンの新品種だった。サマークリスタル<ネクタリン:旬の果物百科)

f:id:oshinamono:20170805000749j:image

越後湯沢からはマイカーで帰宅。月夜野インターまでは気持ちの良いカーブが続く一般道を走る。赤谷湖(相俣ダム)を眺めてから道の駅・たくみの里に寄るも営業終了…地場スーパーに寄ろうというAIのナイスアイデアとちょうど現れたいい感じの「フレッシュストアーはやしや」。

そこで群馬県みなかみ町新治産の枝豆ととうもろこし、飲むヨーグルトやがんもどきを購入。とうもろこしは収穫後1秒でも早く調理しないと糖度が下がっていくらしい。言うてもそんなに差があるわけないやろ…ほんまや!となる豊かな甘みと風味。埼玉の大型スーパーに並ぶ頃には腑抜けになっているということか。仕方ないのだけど。採れたての贅沢を知らずに食べていた子供時代の猪苗代の夏休みがうらめしい!