読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O-SHI-NA-MO-NO

いただきもの、自分たちで選んだもの、そんな"お品物"たちを記録しています。

思い出がいっぱい/BMW Z3 2.2i

f:id:oshinamono:20170103172228j:image

BMW Z3 2.2i (2001年式)。人生を共にした期間: 2004年11月〜2013年11月。

大学1年のある朝、通学時に見掛けた路上駐車中のぴかぴかのZ3に友人と「あんな車に乗りたいねぇ!」と話した時から乗りたかった車。

2004年、社会人になってからも毎日の様にネットで中古車情報を検索。Z3も買える価格帯で出てきていた!後期型、MT、紺か青、そんな条件で見つけたのがこのZ3。

f:id:oshinamono:20170103230945j:image

売りに出ていた時の画像がこちら↑。写真の写りは悪いが状態は良さそうだったので早速見に行った。オプションの電動幌、フロント・サイド・リアのターンライトが純正のクリアレンズに交換済み、内装も綺麗、記録簿も全部残っている、画像よりとにかく美しい…即決!積める荷物は少量(ゴルフバッグ1個は積める)、人も2人しか乗れない車、こんなの次に乗れるのは老後だし!

f:id:oshinamono:20170103223219j:image

かくして楽しい日々が始まった。週末は当てもなくドライブしたり、名古屋勤務だったKRちゃんを訪ねてみたり、福島の祖父母宅へ行ったり、愛犬SBを助手席に乗せてみたり。 オープンにして走ったら信号待ちで桜の花びらが舞い込んでくるなんて、なんて素敵な季節感!

f:id:oshinamono:20170103231648j:image

f:id:oshinamono:20170103231702j:image

f:id:oshinamono:20170103223838j:image

f:id:oshinamono:20170103223208j:image

f:id:oshinamono:20170103231712j:image

3速からの伸びが最高に気持ち良い直列6気筒エンジンは、製造から12年経っても故障もなく快調に回っていた。…が、2013年10月、台風一過の朝にふと駐車場を見ると…

f:id:oshinamono:20170103224402j:image

なんてこっっっっったーーー‼︎‼︎‼︎

強風で折れた大枝が落下、直撃…。左ドア交換、幌交換、左リアフェンダー交換、再塗装等々…直すにはお金がかかり過ぎるために泣く泣くお別れすることに…こんな急なお別れは悲しすぎるので、故障箇所のテープを貼ったまま最後のドライブを兼ねてFJT君と那須岳へ登山に行った。

f:id:oshinamono:20170103224918j:image

今でもZ3を見掛けると見とれてしまうし、100mでも良いから助手席に乗せてくださいと言いたくなる。大好きな車、Z3。こんなに格好良くて手頃な直6の車はもう出てこない。親ローンのお世話になったけど、あの時に即決して本当に良かった!忘れもしない納車の日、帰り道にカーオーディオで最初にかけた曲はザ・ハイロウズの「ユーのカー」だった。(残念ながら知らないお兄さんの「歌ってみた」版しかなく…ザ・ハイロウズ 「ユーのカー」 cover - YouTube)。歌詞はこちら。

「ユーのカー」

作詞:甲本 ヒロト 作曲:甲本 ヒロト
自分の車を手に入れて
夜を味方につけて
自分の車を手に入れて
朝顔みたいなラッパを鳴らす

自分の車を手に入れて
遠く影絵のように
自分の車を手に入れて
深い傷をペンキでうめる

ワレメ ワレメ 誰かのクツ
ワレメ ワレメ 片方のクツ
カケラ カケラ ぶつかったのに
カケラ カケラ 壊れないというのか

ユーのカー ユーのカー ユーのカー

(行くあてはない 行くあてがないから 行くんだよ   どこまでも どこまでも 行きてーなー)

自分の車を手に入れて
帰る家があるなんて
自分の車を手に入れて
重たいクツ アーモータイクツ

ワレメ ワレメ 誰かのクツ
ワレメ ワレメ 片方のクツ
カケラ カケラ ぶつかったのに
カケラ カケラ 壊れないというのか

ユーのカー ユーのカー ユーのカー…