読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O-SHI-NA-MO-NO

いただきもの、自分たちで選んだもの、そんな"お品物"たちを記録しています。

2軒目のバーも渋い/相原酒造 雨後の月

f:id:oshinamono:20161210003442j:image

広島県呉市 相原酒造の雨後の月。取引先の社長とYUさんとNathanと、呉市にある社長の鮨屋で忘年会。今年で3回目の参加。リニアの体験乗車に応募したり人気のレストランのために奥様と青森まで行ってみたり、好奇心と行動力がカッコいい65歳の社長。

この鮨屋は美味しい広島の海の幸がたまらない止まらない、大好きなお店。小鰯の刺身、渡り蟹、牡蠣、カワハギの刺身、握り各種、広島菜の寿司。これらは毎年の定番。カワハギは、フォアグラもちぢこまる濃厚な旨味のクリームオレンジ色をした肝を淡白な白身の薄切りに少々添えてポン酢でいただく。うまーーーい!

刺身には日本酒でしょう!…とはならないまま良い歳をこいているが、社長の知り合いの酒蔵である相原酒造「雨後の月」をNathanがリクエストしたことには(良さげ!)と思った。しかし社長はおとなり竹原市の中尾醸造「幻」をチョイス。雨後の月は幻に終わった。

なので帰りの広島空港でAIの実家用に雨後の月を購入。名前が素敵。

ごちそうさまでした!