読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O-SHI-NA-MO-NO

いただきもの、自分たちで選んだもの、そんな"お品物"たちを記録しています。

運転と会議の友/白山眼鏡店のめがねとMARIUSのめがねケース

f:id:oshinamono:20160714002348j:image
白山眼鏡店のチタンフレームめがね
MARIUSの布張りめがねケース

約10年前、人生初めがねを買う時の「本当にこれをかけるの!?」感が忘れられない。当時は太めの黒縁、四角め形状が流行っていたのか店頭にはそれ系が多かった。初めがねでそのタイプは調子に乗り過ぎと言い聞かせ、シンプルな形のものをなんとか見つけた。

2015年11月23日、ノルウェーフィヨルド観光後、帰りの登山鉄道を待つ間にお土産店で見つけためがねケース。トナカイ1頭の毛皮も山積みで売られていた。

取引先のYU氏による研修がひと段落。総仕上げテストはYU氏風に言うと「サンタンたる結果」。あんな回答をもしお客さんにしていたら…ヤバい!