O-SHI-NA-MO-NO

いただきもの、自分たちで選んだもの、そんな"お品物"たちを記録しています。

My Goodness My GUINNESS/ギネス×ギルロイ コレクショングラス

f:id:oshinamono:20170408202749j:image

f:id:oshinamono:20170408202851j:image

GUINNESSのグラス。ギネスを2杯飲むと1つもらえるキャンペーン。

取引先のMRTNが米国から来日。年1、2回来日して一緒に皇居1周ランニング→OUTBACK、またはTGI FRIDAYSでステーキ→MOTOWN HOUSEで飲む、という安定のお決まりの金曜日を過ごす。「走ったらご褒美にステーキをご馳走してやろう」という、偉い方なのに独特の親しみ易さで接してくれるおじさん。

OUTBACKで行っていたギネスのキャンペーン。RNさん以外の、MRTN、YU氏、Nathan、MZNさん、私の5人は先日ダブリンのギネス本社工場で美味しい出来立てのギネスを飲んだので注文してみた。現地ではANDRさんからも「日本でも飲んでみ、ここのとは全然違うから」と言われていた。あれ以来のギネス@六本木。そしてそれは確かに違った!決してまずい訳ではない。ペットボトルの開栓後すぐのコカコーラと開栓後冷蔵庫に1日寝かせたコカコーラ、くらいの違い。鮮度なのか何なのか。

f:id:oshinamono:20170408205855j:image

グラスの絵柄は選べたがもう3種類しか残っていなかった。「トゥーカンとタートルがいいなぁ!」と話していたらYU氏が顔をしかめて「うぅ〜、オンナノコみたい!奥さんに言っとけ、YUさんがオンナノコみたいと言ってたって」とドン引きしていた。自分にそんな一面があったとは…!

長持ち/箸入れと箸

f:id:oshinamono:20170408201012j:image

箸入れと箸。小学生の頃にASおばあちゃんが買ってくれたもの。蓋をスライドさせるタイプの箸入れは笛にして遊べるのでそのタイプを欲しいと言ったら買って来てくれたのがこちら、被せるタイプの蓋。当時は「違うやつだ…」と思ったし箸も子供らしくない黒檀材の箸だったのでしっくり来なかったが、今でも使えていることを思うと選んでくれたASおばあちゃんに感謝。この箸セットもJAPAN MINDも大切にしよう。ありがとうございます!

日本も緑茶に味付けしたらいいのに←してます。by Nathan/organic darjeeling leaf teaとginger green tea

f:id:oshinamono:20170406074006j:image

インド産オーガニックダージリンティーとジンジャーグリーンティー。SYのインド出張のおみやげ。ティーバッグが1箱に1つ入っている。インドっぽくないデザインが素敵。ありがとう!

濁!/フジッコワイナリー Sparkling Wine Muddy Peach

f:id:oshinamono:20170405161919j:image

フジッコワイナリー(山梨) 濁り桃果汁100%のスパークリングワイン。KKY夫妻からいただいた初めて見る魅惑の液体。「瓶内二次発酵」という言葉も、潜ったら視界ゼロの濁り具合も実にそそる。「濁り」という言葉は「果汁」と組み合わさると濁ることなくきらめく不思議。ありがとう!

iPound Unboxing/Pâtisserie Gondla パウンドケーキ

f:id:oshinamono:20170404061334j:image

洋菓子 ゴンドラ(九段南)のパウンドケーキ。新型iPhone等が発売されると開封する様子を「Unboxing」と称してネットにアップする人々。その気持ちが理解できるワクワク感のあるパウンドケーキ。Let's unbox the iPound。

密度と湿度が偲ばれる心地好い重みを感じながら焦る気持ちを抑え切れずに包装紙を破り取ると、冒頭の白地に金色の箱が現れた。ゴンドラマークが輝いている。

f:id:oshinamono:20170404063919j:image

蓋を開けるとiPoundを守る赤い缶が出現。添えられたカードのレトロなフォントが創業80年超の歴史を語り掛けて来る。高まる期待感…そして…

f:id:oshinamono:20170404070438j:image

開缶の快感!ついに姿を現したiPoundは美しく照りのある飴色だ。長年人々の至福のひとときを演出してきたパウンドケーキ。食べ始め=完食の予感。

f:id:oshinamono:20170404071550j:image

持ち上げてみると、おや、敷き紙が出てきた。iPhoneに付いてくるAppleのステッカーのようなおまけ。これに載せたら盛り付けが完成するおしゃれシステム。

勝手に名付けたこのiPoundはKKY夫妻からいただいたもの。夫妻のお墨付きなので間違いない。ありがとう!しかし出張のため2日間お預け。食べたい!

神様もグミが好き/Sweets from HEAVEN グミベアーとAnthony Thomas Buckeyes

f:id:oshinamono:20170403193645j:image

Sweets from HEAVEN 量り売りのグミベアー。HARIBOのグミベアーに形は酷似しているが、天国からお菓子を仕入れている南アフリカにある会社のグミ。HARIBOより柔らかめの歯触りとマーブルタイプが醸し出すミルキーな香りが特徴。

f:id:oshinamono:20170403194410j:image

オハイオ銘菓 Anthony Thomasのバックアイズチョコレート。州木バックアイ(トチノキ)を名前に冠していてもトチの実は入っておらず具はピーナッツバター。グリコ1粒で300m走れるなら、これは300マイルは行けそう。

NathanとKKY夫妻を自宅にお招きしてホームパーティ(←日本語で何と言うのか)。その時にNathanがくださったアメリカ出張のお土産たち。さらに自家製チャーシューもいただいた。ご帰宅後、「Nathanがアメリカでグミを袋に詰めてる姿を想像したら…(ぷっ笑)…す、すっごく有り難いね!(笑‼︎)」とAI。そうです、有り難いことです、Thank you very muchなのです!

浅草銘菓/noake TOKYO 野菜の塩味サブレ

f:id:oshinamono:20170403011719j:imagef:id:oshinamono:20170403011709j:image

noake(野空)東京 野菜の塩味サブレ。AIが仕事関係でいただいたもの。「ごぼう+白胡椒」など野菜+何か、の組み合わせで5つの味が楽しめる。中でも「コーン+黒胡椒」が◎。ありがとうございます!