O-SHI-NA-MO-NO

いただきもの、自分たちで選んだもの、そんな"お品物"たちを記録しています。

Made in TSUBAME / 熱伝導アイスクリームスプーン

f:id:oshinamono:20191218010235j:image(有)アイデアセキカワ(新潟県燕市)の熱伝導アイスクリームスプーン、金と銀。出張に行くとその街の美味しいお菓子を買うことが多いが、今回は金属加工の街なので金属製品を購入。

取引先の技術説明会に参加。自動車メーカーから転籍した大ベテランのおじさんによる自動車の開発プロセスの話。「専門用語を知らない相手に自動車メーカーは本音を話さない」…そうなのか、やっぱりニッポンの自動車メーカーはすっご!…くイケてない。情報の取捨選択は必要だけど、業界のことを全部分かってて(専門用語で)話が通じて言うことをなんでも聞く相手とだけ話をしていておもしろい製品は生まれるのでしょうか。狙いが「従来品のちょっと改良版」なら全然OKですが。

世界のマグネット/ドイツ・ケルン

f:id:oshinamono:20191219235252j:image世界のマグネット、数で2位に着けるドイツはケルン(英Cologne、独Köln)のマグネット。仕事でそっち方面に行ったFJT君のお土産。木製合板製、群青色のグラデーションとでも言うのでしょうか。素敵な色味とシンプルデザインでこれまでに無いタイプ。ありがとう!

f:id:oshinamono:20191219235912j:imageさらに群馬で入手したと言う瓶のりんごジュース、「希望の雫」とその姉妹品「黄色い林檎」もいただいた。「黄色い〜」は初めて!飲んだら確かに黄色い品種、きおうととき(推定)の味がして美味い!ありがとう!

リックはまだ保安官/世界のマグネット・アメリカ

f:id:oshinamono:20190515211112j:image世界のマグネット、アメリカ・アトランタ。H社の会議に参加。THE WALKING DEADの街にはまだウォーカーも総督も居ない。あるのは青空とペプシの看板。

f:id:oshinamono:20190619221516j:image

「頂き」もの/富士山

f:id:oshinamono:20181010012757j:image9年連続10回目の節目となった富士登山。今夏の天気とFJT君とのスケジュールが合わず、お互い9月に単独日帰りで行くことに。AM3時、一寸先はモヤの中、御殿場五合目を出発。次郎坊を過ぎた辺りでモヤを抜けたら頭上は満点の星空。体調も足取りも快調だったので、下山は今年も宝永山経由。夏の恒例、あ〜楽し。

海の向こうはヨーロッパ/世界のマグネット・カナダ Nova Scotia

f:id:oshinamono:20181010013204j:image世界のマグネット・カナダ ノバスコシア州、Peggy’s cove。以前来日したAIの友人JHNNが結婚式に招待してくれたので、8ヶ月の娘と3人でカナダの最東端ノバスコシア州へ。JHNNの実家の庭での結婚式。芝生の広い庭、大きな1本の木と木陰、生演奏、真夏の涼しい空気、「あなたも歳を取るとマァルセデス(ベンツ)の良さが分かるわよ〜」と言うチャキチャキのジャパニーズ参列者おばさんと夫の寡黙なGermanおじさん、教会に移動して行われたパーティと配膳方式でいただいたロブスター…結婚式の後にいつも思う「あ〜良い結婚式でした(^^)!」がいつもより濃いめ。おめでとう!お幸せに〜f:id:oshinamono:20190619223646j:imageマグネットを買ったPeggy’s cove。
f:id:oshinamono:20190619225043j:image教会のホールで並んで受け取るスタイルのロブスターディナー。同卓のカナダ人に「剥くのが上手い」と褒められたのは、前日に港町のランチで練習してあったから。f:id:oshinamono:20190619223817j:image
f:id:oshinamono:20190619223824j:image滞在中乗り回したGrand Cherokeeはイカつさ満点で格好良い。また乗りたい。Web予約した時に「値段は気にせず好きなクルマ選びなよ」と言ってくれたAIに感謝。「値段は気にせず買っちゃいな」となるかしら。

Summer has come./福島県産桃・あかつき

f:id:oshinamono:20180730222336j:imagef:id:oshinamono:20180730222340j:image福島県福島市の桃、あかつき。今年もYIC伯父さんとNOK伯母さんからいただきました、桃!ありがとうございます!この香り、この形、この色、この手触わり、食べる前から脳内で何かしらの興奮物質が分泌されているとしか考えられない。

昨年の「まどか」から福島を代表する品種、慣れ親しんだ「あかつき」に戻した伯父さん伯母さん。地元知り合いのしがらみなど気にせず、美味しいと評判の果樹園を毎年模索するところが素敵。「厳しく正直な感想を」と言うが、産地育ちの方は得てして地元の味に厳しいきらいがある気がする。正直なところ、毎年どこの果樹園の桃も美味しいのです。いただきます!